記念切手換金は状態を重視する

切手の状態が買取可能かどうかの分かれ目

お手持ちの記念切手を買取してもらおうと決めてから、いざまじまじとこれまでに収集した記念切手を見てみると、意外と状態が良くないものが含まれていることがよくあります。
一例として、
・汚れ
・破れ
・折れ
・変色
などのいわゆる”破損”がある状態のものから、
・使用
・未使用
・消印
といった、切手そのものの価値に影響が出そうな状態のものまで。

買取業者にもよるのですが、これらの切手を買取できない場合があります。
どこで判断するのかと言うと、買取業者の公式ホームページなどを見てみるとよいでしょう。
「破損のある切手の買取は不可能」と宣言しているところもありますから、確認してみてください。

ですが、優良の切手買取専門業者になりますと、このような切手も買取可能としているところももちろんあります。
「どんな切手でも買取します」と書いてあれば、査定の価値あり!
予想以上の買取査定を付けてくれることも期待できます。

もしどこにも買取における切手の状態について何の記載もない業者がありましたら、査定申し込み時や問い合わせなどで換金できるか直接訊いてみると良いと思いますよ。
ただし、何も書かれていない場合はおそらく状態の良い切手のみの買取しか行っていないところが多いかもしれません。