記念切手の買取の価値について

価値ある記念切手の種類とは

記念切手の買取のときに知るという方も多いのですが、実は記念切手には思いがけない価値があるのです。
その価値について少しご説明しますね。

●古切手
額面にかかわらず、古い切手であればあるほど価値が高いとされています。
当時の切手を良い状態のまま置いてあるという方はなかなかいらっしゃらないためでしょう。
額面とは違ったコレクションとしての価値が発生するのだとか。
業者によっては額面以上、それも高確率で高額査定で買取ってもらえる場合があります。

●稀少性
発行部数が少ない記念切手はそれだけでプレミア切手となります。
手に入れることが難しい切手には相応の価値がつき、買取査定額も高額になるのだそう。

●昭和40年以前の記念切手
切手の一大ブームが起こった昭和40年代。
それ以前の、それも記念切手となると流通量が極端に少ないものがほとんどです。
そのため、切手コレクターでも所持していない方が多いと言い、必然的に価値が高くなります。
多少状態が悪い場合でも額面以上の買取をしてくれる可能性が高いので、ぜひご自宅にないか、調べてみてください。
また、昭和40年以前の記念切手についてはインターネットで検索すれば多数ヒットしますのでチェックしてみるとよいでしょう。