中国切手の買取を知る|記念切手買取価格.jp

高額買取をしてくれる中国切手とは

記念切手以外にも高額切手として高価買取をしてくれるのが、”中国切手”です。
以前、とある情報番組でも中国切手が高値で買取をしてくれるということが紹介されていました。
以下に、特に高額買取となる中国切手をいくつかご紹介します。

●赤猿
中国最初の年賀切手として1980年に発行された、年賀切手「申」。
日本では赤猿と言う名称で知られています。
中国切手=赤猿というぐらい、まさに代名詞的な存在。
業者によっては1枚10万円以上で取引されている一枚です。

●梅蘭芳(メイランファン)
1962年に発行された、京劇俳優梅蘭芳の芸術切手です。
8種類があり、いずれも高額買取となっています。

●第31回リチオーネ国際切手展
1979年に発行された、小型切手シートです。
偽物が多数出回っているでも有名ですので、確認が必要。
高額買取がされている貴重な一枚となっています。

●少年よ科学を愛そう
1979年に小型切手シートとして発行されました。
勉強をする少女が中心に、そして月や魚の絵が両端に描かれており、横長のデザインが特徴。

その他、外国切手の記念切手に関しても希少性や美術性の高さから価値が上がっており、高額売買されることが多い種類として知られています。